POJIRAJI MAGAZINE

ポジラジで配信された
ポジティブな話題をピックアップしてお届け!

Vol.6
人からたくさん影響を受けることを怖がっちゃいけないって思うんだよ。

2018/02/15

ポジラジで放送中の『53+84ch〜旅と音〜』(パーソナリティー:53+84)第2回放送は、2人が影響を受けたモノや人の話をしてくれました!人生を楽しむ哲学が詰まっています!

53:実はアメリカに相当影響受けてるよね。ってことに今になって気付いた。
やっぱり10代の頃に見てたものとか、スケボー、ダンス、音楽とかそういうもの。
今度は20代になって世界中とか行くようになって、やっぱアメリカにだいぶ影響を受けたんですけど、例えば建築。自分の部屋とかインテリアとか色々やると思うんだけど、趣味とかあるじゃん?色んな方向に行くと思うんだけど、やっぱり一番俺的なベスト1っていうのが「ケース・スタディ・ハウス」っていう、1950年代ぐらいに考えられた建築物がたくさんあるんですよ。
ケース・スタディ・ハウっていうシリーズで作られた建築物があって。
当時のモダンっていうものを作ったらしいだけど、でもそれが今でもやっぱり俺にとってはヒットで、特にケース・スタディ・ハウスNo.22っていうスタールハウスっていうのがあるんですけど、ピエール・コーニッグっていう建築家が作ったんですけど、これに強烈に影響を受けてる。
ハリウッドの山の上にあってスゲーかっこいいわけ。で、今実は鴨川、千葉にね、一緒にビーチハウス借りてますけど、あそこに今土地探しててさ、ついに自分のそういうの建てようと思ってるわけ。
84:家を建てる!?そんなの建てたらめちゃくちゃかっこいいじゃん!
53:めちゃくちゃかっこいいっしょ!で、こういうのを作りたい!今の自分の家も、10年前にフルリノベやったんだけど、そんときもこの辺のシリーズを影響受けて、乗ってる車も実はその時代の古いマスタング乗ってるんですけど、家具だったりとか、色んなものが、当時の古いアメリカの影響を今すごい実は受けてんだなって。
でもあっちこっちいったんだよ。車もヨーロッパ車も乗ったこともあるし、色々乗ったし、北欧の家具なんかもいっぱい買った時もあったし、ファションも色んなファッションにいったことがあるんだけど、40超えて色々考えてみたら、実は8割9割アメリカだって気付くよね。
なんかほら、若い頃に俺はこれが好きだ!ドーンってやってる人っていっぱいいたんだけど、俺そういうのがなくてさ、あっちもかっこいいと思う、こっちもかっこいいと思う!みたいな。
これも好き、あれも好き!みたいなさ、けっこう二転三転しちゃってて、俺って何が好きなんだろう?とかって悩むじゃん?結局自分のスタイルってなんだろうみたいな。分かんなくなっちゃってたときもあるんだけど。
84:でもさ、その分かってない時の自分ってあんまり好きじゃないでしょ?
そん時に人ってなんか、迷ったりすんだけどさ、そこから抜けていく瞬間ってあるじゃん?
それを見つけることができるとDJ小堺になるわけじゃん?
抜け出した瞬間ってなんだったの?
53:瞬間?
ああそういうのはないね。(大笑)
いや、ごめんごめん、嘘嘘。(笑)
ないっていうか、歳だね。1つは歳。
今40超えて、色んなものを実際見てきて、自分の中でだんだんだんだん整理がついてきてる。
それで、整理がついてきて実は昔のアメリカ大好きだっていうのが今なんとなく言えるようになってきた。
今アパレルブランドもやってるんだけど、あれもなんかやっぱりアメリカのストリートブランドからの影響が今でも当然あるわけ。
だからその辺のところに自分のセンスみたいなところがそこに引っかかりやすいのかなっていう。
今になってわかったことだね。歳取るって大事なことだね。

84:俺って人から影響を受けるタイプ。
得意なことが特にないんだけど、色んな人から影響を受けて、自分でいいところをチョイスして自分を作って行くタイプ。
アメリカに影響を受けてるコサと仲が良い。
例えば、パーって周りを見た時に、アメリカに影響を受けている人たちが多いわけ。っていうことで結局、俺はアメリカが好きなんだって分かるわけ。
アメリカが好きな人たちが周りにいて、その人たちからちょろちょろ影響をもらって、例えばさコサはアメ車の古いの乗ってるけど、俺は新しいのが好きだし。
だけどアメリカじゃん?洋服もそうだけしさ。色々行きたい場所もやっぱりアメリカが多いんだけど、結局考え方が好きなのかも知れないね。
53:なんか自由だったり、なんかあるね。
84:だからその自由っていうものがあったときに、今の時代はこの社会から縛られていない自由っていうのが一番自由だと思うわけよ。
だから何かに依存して生きたり、何かに縛られているっていうことではなくて自立しているっていうことがめちゃめちゃ大事だと思うんだけど、なんかそういう自立しているっていう大人が自分の周りにいた時に、自分も自立したいなって人は思って行くんじゃない?
だからDJとして俺もどんどん自立して行きたいと思ってるし、チャレンジしたいって思ってるのは、お互いに影響を受けてるだろうし、周りにいる人たちに育てられたっていうのもあるだろうし、なんか未来を見て生きていくっていうのがまさにアメリカ的考え方じゃない?
53:だからアメリカ的考え好きだね!
84:好きだよ。大好きだよ!
53:本当にかっこいいものをいっぱい産んでるからね。実際ね。
84:結局ね。人は人からしか影響を受けないっていうけどさ、俺まさにそういう人だからさ、人からたくさん影響を受けて、影響を受けることを怖がっちゃいけないって思うんだよね。
影響されて自分が欲しい部分だけ取れるようにしていけば。
結局その選択が正しければ今の自分になっていくわけだからさ、選択をする力がついていけば、自分も強くなるわけだからさ。
その選択をする時に良い方向を取るか、自分じゃ無理だって思う方向を取るかっていう時に、チャレンジの方向を取っていくと、多分人生は楽しくなるんじゃないかなって思うんですよね。