GUEST

今月のゲスト

心之助

江戸時代天保から営む鰻屋に生まれた次男坊。父の影響でギターに触れ、詩を書く事が趣味という変わった幼少期を経て、いつしか自己表現の場所が音楽となった。その存在に自分が救われてきた様に誰かのそれになりたい。その夢を持った時から本名の漢字を改め、“心の助け”と書いて“心之助”を名乗る様になった。

2006年より東京で本格的に始動し、SQUAREHOODのMCとしてワーナーミュージックより幾つかのSingleとAlbumをリリース。あだち充原作のアニメ「クロスゲーム」オープニング、北川景子主演ドラマ「筆談ホステス」エンディング等のタイアップを獲得。音源リリースのみならず「ハッピーMUSIC」、「魁 ! 音楽番付」など様々な音楽番組への参加に加え、ファッション雑誌のモデルやラジオ番組にレギュラー出演、TBS系ドラマ「新参者」に役者としてGUEST出演するなどの経歴を持つ。

2012から2014年、松咲リエ×心之助のコラボ楽曲"Again~砂時計を戻して"そして"Never Again~動きを止めた砂時計"はYouTubeやMixChannel等の累計再生数も300万回を突破し、1st MV楽曲"太陽と空"や"最後から二番目のLove Song"も並んで大ヒットを記録。Twitterにて心之助の歌詞を呟くユーザーも後を絶たない。

現在、4MC CREW "WAYZ"の一員としても活動し、"世界の果てまでイッテQ"や"Sony Walkman CM"に出演、渋谷にて行われたワンマンLIVEでは700人を超える動員を果たすなどマルチな動きを展開し、来たる2018年7月18日、自身ソロでは初となる、待望の1st FULL ALBUM "HOPE"の全国Releaseが決定した。

WHAT'S YOUR MUSIC !?

SUNNY & JiLL

山下 悠一

Human Potential Lab Inc.代表取締役/ REVorg Co-Founder/ Ciftメンバー / 鎌倉在住 /ヨガサロン青空空間代表
早稲田大学理工学部建築学科出身。
外資系コンサルティングファームアクセンチュアに12年勤務し、自動車、化粧品、人材、食品、小売など、主に製造流通業の企業戦略立案から大規模システムの導入、人材戦略・研修の企画実践、チェンジマネジメントなど幅広く手がける。
資本主義システムの極地を見出す中で、その限界と次なる社会システム構築の必要性にに気づき、2015年に積極的ドロップアウトし、そのことを記したブログ「僕がアクセンチュアを辞めた理由」が大きな反響を呼び話題となる。その後、農業やパーマカルチャーを学び、カウンターカルチャーとして知られる”ヒッピー”と共に国内外をキャラバンし、僧侶やネイティブアメリカン等、オルタナティブな叡智やネットワークを構築しながら、これまでの”イノベーション”の限界を突破して異次元に移行するためのオルタナティブを提唱、ポスト資本主義時代における生き方、働き方、企業のあり方、社会のあり方を抜本的に変革するHolistic Transfomation Methodologyを開発。
中小から大企業まで幅広いコンサルティング活動と、根本的な意識変革とHuman Potentialを引き出す”Transformation”をテーマにしたリトリート・研修を提供している。

PSK STATION

MC PSK (Peaske.Kawahara)

死神

1995年3月31日に埼玉県熊谷市民体育館で行われた「レッスル夢ファクトリー」旗揚げ興行にて怨霊コンビを組み、「死神・怨霊タッグ」怪奇派レスラー悪夢軍団としてデビュー。
必殺技はアイアンクロー、死神式裏投げ。
ラフファイトが主ではあるがしっかりとしたレスリングの下地を持っている。ターザン後藤、藤原喜明といった大物ともシングルマッチをやっている。
2002年、レッスル夢ファクトリー崩壊後、プロレスリング・ナイトメアに戦いの場を移す。
2014年、FIGHT GAME ピースを地方のお祭りや児童養護施設を中心に開催中。
本人も選手として出場。また、大仁田厚興行や地方のご当地プロレスに参戦中。
2015年9月、生前の経験からプロテニスプレイヤーとしてコートに立つことを会見。10月18日、有明テニスの森で行われた「カオルカップ・テニストーナメント」にダブルスで出場した。
2017年現在、666にて、怨霊、加藤茂郎と共に悪夢軍団を復活させ、無尽蔵のスタミナとラフファイトを武器にブランクを感じさせないファイトを見せてオールドファンを懐かしませている。

ポジティブプロレスリング

YA☆KA

過去のゲストはこちらから